ファクト、ファクト、ファクト〜事実に基づくこと

  1. 3.ビジネスリサーチの報告書作成
  2. 27 view

ファクト中心で報告書を構成する

「What’s Your Story?」という提案や提言がないレポートは意味がない、ということがよく言われますが、ビジネスリサーチの報告書は、内容の8〜9割はファクト中心であるべきだと思います。

特に依頼主が社長や経営幹部など、ランクが高くなるほど、仮説や提案、ありきたりの分析フレームワーク、意見よりもまず、「ファクトは何か?」と問われることが多いです。たぶん欧米では違うのでしょうけれど、日本ではほぼ間違いなくこうだと経験上はっきり言えます。

このあたりが、若いコンサルタントやMBA出身者が、日本の大企業と相性が悪くなりやすい理由ではないかと、私は考えています。いろいろな「ビジネス分析フレームワーク」を学んできたのに、「そういうのはいーから、ファクトを提示しろ」と言われては、彼らにとってはたまったものではないのかもしれませんが。もちろん海千山千のパートナークラスのコンサルタントは、そんなことはしません。相手に合わせて情報の提示の仕方をいかようにも組み替えることができるでしょう。しかし企業からMBAに派遣されて、帰って来たら相手にされないからって、すぐに転職してしまう人たちは、ちょっと問題ですよね・・・その可能性があるのなら自費で留学すべきですし、このような筋道が分からない人は転職後も大きく飛躍していくことが少ないように思います。

このため特に日本の伝統的大企業では、欧米系コンサルティング会社の提言ありきのレポートは、むしろ嫌がられることも少なくありません。もちろん3ヶ年経営計画の策定であったり、グループ再編成であったり、あるいは大規模なサービス開発や業務改革などにおいては、調査から戦略の策定、その実行まで、戦略コンサルや金融機関に丸ごと委託するということがあります。

依頼主が事業環境を見直すための「ビックピクチャー」リサーチでは、何よりも「ファクト」が重要です。経営責任者や事業責任者が重要な意思決定をするためには、安易に外部のリサーチャーやコンサルタントの分析や提言に依存せず、自分自身で考え抜きたいからこそ、考えるための材料を揃えて欲しいわけですから、これは当然のことともいえます。

 

リサーチ報告書におけるファクトとは? 事例調査の重要性

ではファクトとは何か。市場規模やシェアなどの数値、そして何といっても「事例」調査が重要です。

事例の種類概要
企業
事業
製品サービス
ユースケース

 

事例を中心とした調査報告書の構成イメージ

 

項目名ポイント
1.構成とサマリーエグゼクティブサマリー1ページに文章形式でまとめる
2.スコープ設定と概観市場概要現在のスナップショットと時系列での変化に着目する
市場・技術・顧客に関する主なトレンド
3.事例調査競合の事業戦略、製品サービス、技術、ユースケース・導入事例
4.結論比較分析とまとめ(整理)
示唆と提言
次のステップ

 

違和感/ズレに目を留める〜比較分析

 

 

関連図書

小倉昌男 経営学

小倉昌男 経営学

ストーリーとしての競争戦略 優れた戦略の条件』(楠木建)

ストーリーとしての競争戦略

 

関連記事